京都マラソンでは、ランナーの皆さまから多くのご意見を頂戴しており、とりわけ他大会と比べたご意見も多いことからいろんな他大会を実際に走ってみることもランナーサービス向上に繋がる一つの方法であると考えています。

ここでは、平成30年度に京都マラソン実行委員会事務局職員が走ってきた全国の大会をご紹介します。
(個人としてエントリーし、費用は全て自己負担です。)

大会参加マップ
大会名
神戸マラソン2018
日程
11月18日(日)
種目
フルマラソン
コメント

神戸マラソンは3回目のエントリーで初当選したのでとても楽しみにしていました。今回は、同じ事務局で一緒に仕事をするO.Zさん、M.Hさんと走ることができ、特にO.Zさんとはコース上で何度か会うことができ、フィニッシュまで一緒に走ることができたので個人的にも楽しく走ることができました。コース沿道からの応援が熱烈で沢山の方とハイタッチしたりエールに応えさせていただきました。応援してくれた皆さん、ありがとうございました。京都マラソンオリジナルマイカップも進化させたものを給水所で使用してみました。スポーツドリンクを注いでもらっている間、ボランティアスタッフの方と楽しく喋りながら触れ合うことができたので、紙コップ削減以外の楽しさを実感しました。(Y.Sさん)

個人的に2度目のフルマラソンということで、神戸マラソンに走ってきました!天気も良く、最高のマラソン日和でしたので、30kmまで気持ちよく走れましたが、そこから足がつってしまい、残りの12kmを歩くことになってしまいました。その間、何度も心が折れそうになりましたが、その時に後押ししてくれたのが沿道で応援されている皆さんの声援でした。おかげで、何とか無事にフィニッシュすることができました!神戸の皆さん、温かいご声援を本当にありがとうございました!(O.Zさん)

人生2度目のフルマラソンで神戸マラソンを走らせていただきました。天候にも恵まれ、初めて申し込んだニックネームのおかげで沿道から多数の声援を受け、たくさんの方とハイタッチをさせていただきました。また、声をからすほど大きな声で活動する元気なボランティアに感動しました。スタート会場は三ノ宮駅から近く、フィニッシュ会場も最寄駅に直結していて、ストレスなく移動ができたのが嬉しいポイントです。個人的には、前回より少し早く完走でき、有意義な大会になりました。関係者の皆さん、ありがとうございました。(M.Hさん)

*
*
*
*
*
*
大会名
おかやまマラソン2018
日程
11月11日(日)
種目
フルマラソン
コメント

前走の横浜マラソンから中2週間という、個人的にはタイトな期間でのチャレンジとなったおかやまマラソン2018!今回の目標としては、「コース30㎞過ぎの一番の難所である岡南大橋までは歩かない!」と決めてスタートをきりましたが、途切れることがないコース沿道からの声援や、各種団体の応援パフォーマンスに背中を押され、歩くことなく登りきることができ、目標以上の達成感を得ることができました。32㎞手前のラーメン広場では、1種類のラーメンではなく、なんと!複数の店舗さんがラーメンを提供されているのにびっくりするとともにテンションアップ!どれも美味しそうで迷いましたが、ネーミングのインパクトが凄かった「デニムラーメン」をいただきました。自己ベストの更新ができたことも含め、自分の成長を実感することができた大会となりました。ボランティアや沿道で運営・応援してくださった皆様、ありがとうございました。(B.Bさん)

*
*
*
*
*
*
大会名
横浜マラソン2018
日程
10月28日(日)
種目
フルマラソン
コメント

前回舞鶴赤レンガハーフマラソンで関門にお世話になったBです!自分自身にリベンジを誓い横浜マラソンにのぞんできました!大会前日のEXPOでは、コースの攻略法や大会前日に食べるおすすめ食材や逆に避けた方がいい食材のアドバイスなど、参考になる情報を聞くことができました。そして、大会当日の天気は曇りのち晴。気温も少しずつ上がっていく中、「給水パフォーマンス」と銘打った各給水所での応援団やキッズチアダンスなど沢山の方の声援に元気をもらいながら、最後まで楽しく走り切ることができました。個人的に目標としていたタイムも達成することができ、思い出に残る大会となりました。ボランティアや沿道で運営・応援くださった皆様、ありがとうございました。

・・・京都マラソン2019で作成するオリジナルマイカップの試作品1号を実際に使ってきました!折りたたみもスムーズにできていい感じですよ~。(B.Bさん)

*
*
*
*
*
大会名
金沢マラソン2018
日程
10月28日(日)
種目
フルマラソン
コメント

リタイヤをした北海道マラソン2018と中止になった第2回松本マラソン共にランナーとして不完全燃焼が続きましたが、金沢マラソン2018ではそんな思いを払拭する快走でフィニッシュラインを超えることができました。初めてニックネームゼッケンを付けて走ったためコース沿道の応援者やスタッフからは私へ直接熱い応援していただき感動しました。食べまっしステーションはバラエティ豊かで全ての給水・給食を満喫させていただきました。応援すぽっとや沿道にぎやかし隊も大変盛り上がっており、お陰様で金沢をまるごと「走る!」ことができました。今回の金沢マラソン2018は、コースを走らせてもらえることへの感謝の気持ちを抱きつつ走ることの悦びを感じながら42.195kmを自己ベストでフィニッシュできました。金沢市民やスタッフの皆さま、天気が悪く肌寒い中でしたがありがとうございました。(Y.Sさん)

*
*
*
*
*
*
大会名
舞鶴赤れんがハーフマラソン2018
日程
10月8日(月・祝)
種目
ハーフマラソン
コメント

当日は気持ちのいい晴れ。個人的に楽しみにしていたのはコースの前半!普段は入ることが出来ない海上自衛隊の航空基地内がコースになっていて、護衛艦やヘリコプターを間近で見ながら、自衛官の方々のガッツ溢れる応援をいただき、気持ちよく走ることができました。記録は16.5㎞の関門でリタイヤという残念な結果となりましたが、これをバネにして次につなげていきたいと思います。ボランティアや沿道で応援くださった皆様、ありがとうございました。(B.Bさん)

*
*
*
大会名
2018長浜市あざいお市マラソン
日程
10月7日(日)
種目
フルマラソン
コメント

台風の接近に伴い大会の開催も危ぶまれましたが、当日は台風も過ぎ去り、雨に降られることもありませんでした。個人的には久しぶりの大会出場でしたが、沿道の温かい応援にも背中を押され、無事に完走することがでました。レース中の苦しみとゴールしたときの達成感とのギャップがやみつきになりそうです。(Y.Yさん)

*
*
*
大会名
第2回松本マラソン
日程
9月30日(日)
種目
フルマラソン
コメント

9月30日開催の松本マラソンに行ってきましたが、残念ながら台風24号の影響で中止となってしまい、改めて自然災害の脅威を思い知りました。しかし、松本駅や松本城でランナーの皆さんと交流することができ、個人的には有意義な時間を過ごすことができたと思います。マラソンシーズンも始まったばかりなので、また次のレースに向けて頑張ります!(O.Zさん)

松本マラソンへ参加するため長野入りして温泉に入っていたときに中止の決定を知りました。走れないことは一人のランナーとして辛かったですし、北海道マラソンの雪辱を果たせないこともあり走れないとわかったその日は落ち込みました。でも、ランナーだけでなく大会全体を支えてくれる方々の安全を考えると仕方がない判断だったと考えています。また、次のレースを頑張ります。(Y.Sさん)

*
*
*
大会名
北海道マラソン2018
日程
8月26日(日)
種目
フルマラソン
コメント

真夏のレースということでしたが、夏風邪と暑さにより35km地点で無念のリタイヤとなりました。結果は残念でしたが、レースはとても楽しかったです。何より沿道の応援にとても励まされました。フィニッシュできない悔しさを初めて実感することができましたし、いつかリベンジする機会があれば挑戦したいと思います。ありがとうございました。(Y.Sさん)

*
*
*
*
*
*
大会名
第35回カーター記念黒部名水マラソン
日程
5月27日(日)
種目
フルマラソン
コメント

コース前半の登り坂を抑えて走ったので多くのランナーに抜かれましたが、後半はペースアップし抜かれた分のランナーを抜き返すことができました。初めてペースメークを完璧にこなすことが出来たのでフィニッシュしたときは充実感がいっぱいでした。黒部の名水を全給水所で飲むことができましましたし、冷えた給水には感動しました。名水シャワーは火照った体を冷やしてくれたのでとてもありがたかった。給食もとても充実しており押し寿司、ラーメン、ソフトアイスなど、この大会ならではの美味しい給食に走るだけでなく食べることでも楽しませていただきました。コース沿道の住民の方がランナーを熱心に応援し歓迎されていたのがとても嬉しくて印象的でした。黒部名水マラソンが地域に受け入れられていることを感じましたし、とても素晴らしい大会であることを実感しました。(Y.Sさん)

*
*
*
*
*
*
大会名
第20回記念長野マラソン
日程
4月15日(日)
種目
フルマラソン
コメント

第20回記念の節目となる長野マラソンは、生憎の雨でのスタートでしたが走るうえでのコンディションはそれ程悪くなく、楽しんで走ることができました。長野オリンピックの会場を巡るコース設定や沿道からの応援も素晴らしくて、レース中は声援が後押ししてくれました。お陰様で、フィニッシュ地点である長野オリンピックスタジアムをハイタッチしながら感動的にフィニッシュすることができました。第20回記念の特別な完走メダルをかけてもらえた時はすごく嬉しかったです。競技が素晴らしいことはもちろんですが、それ以外にも「長野マラソン川柳」や「5年後の自分はどんなランナー?」、「参加者への希望メッセージ」など、様々な取組を展開されており走ること以外にも楽しませていただきました。(Y.Sさん)

*
*
*
*
*
*